BLOG
ブログ

新月の木で家を建てる!

建て主を募集します。

北海道 愛別町の山林で年2009年1月の新月に合わせて伐ったエゾマツ

トドマツの新月材を6年間大切に保管し天然乾燥させました。

北海道産の貴重な新月木材を使用して、木組みの家を建てていただける

オーナー様を募集いたします。

新月の日

新月の木とは

冬の新月に伐採した木は、カビ・害虫・腐食に強く、割れや狂いも少ないと言われている不思議な力を持っている木です。この木で家を建てると長持ちすると言われています。新月材は、冬に伐採した木は枝葉を付けたまま倒したままにし、春間際まで山で「木枯らし乾燥」させた木材です。日本を代表する木造建築やバイオリンの名器なども新月の木で作られていると言われています。

09新月伐採 (108)

 

新月保管

樹種と材積量:天然乾燥のエゾ松・トドマツ 30㎥

保管場所:旭川市内で5年間天然乾燥(現地見学可能)

建築条件:ビオプラス西條デザインで設計監理又は施工を依頼される方で

木を活かした木組みの木造住宅を建設していただける方。

建設地は札幌市周辺又は道央圏に建設される方。

 

建築時期:2016年度中に建設着手完成を希望される方。

木組み家

北海道のトドマツ・カラマツなど無垢の木だけで建てた木の香りあふれる

本物の木の家で暮らしませんか。

新月チラシ