WORKS
事例集

60代の夫婦が将来のために選んだ、環境に負荷をかけない暮らし

伊達市 Iさん邸   / 夫婦

札幌で永く生活されてきた60代のIさんご夫婦は、かねてからエネルギー問題に深く関心をもたれ、今後の人生において環境に負荷をかけない暮らしについて考えられた。2011年の東日本大震災も大きな契機としてますます思いはつのり、「地球にやさしい生活」を実現すべく、お子さんも独立し家を離れていることから、住み慣れた札幌の土地と家を手放し、新たな生活の地を探した。そして選んだのが雪が少なく北海道でも温暖で住みやすい伊達市の中心部に近い住宅地であった。

計画にあたって、ご夫婦が当初平屋建てを考えていたことから、わたし達は平屋の案をいくつかご提案した。LDKの他8畳の和室と広縁、ご夫婦各々の部屋を、実際に一つの階におさめるとなると平面的にかなりの大きさになり、その結果庭のスペースが圧迫される結果となってしまった。そこでご夫婦から2階建ての案もみたいというご要望を受け、2階建て案をご提案し、それまでの平屋の案とともに検討された結果、最終的に2階建てを選択された。

プランニングにあたっては、ご夫婦から事前におあずかりした資料を読みこむことから始まった。家の外観のイメージ写真や各部屋の好みのイメージなど、雑誌のページを切り取ったもので、そこからご夫婦の嗜好性を読み取り、使い勝手や機能性、そして予算とのバランスを考慮し、使用する素材の提案とともに具体的に計画が進められていった。最終的にプランの構成は、1階にLDKと広縁つきの8畳の和室、水廻り、2階にご夫婦各々のウォークインクローゼットつきの個室のほかトイレと洗面スペースが配された。また敷地の南側である道路側に広い庭と駐車スペースを確保した。

外観は和風の落ち着いた切妻屋根の構成で、低層の壁面は杉板の下見張りとし、上部は聚楽風の塗装の吹付け仕上げとした。居間と広縁の大きな掃き出し窓には木製サッシを採用。そして今回最も重視している「環境負荷」対策の一つの有効手段として自家発電のためのソーラーパネルが東側の屋根面に設置された。太陽光発電は省エネ住宅における高いポイントではあるが、Iさんの考える「環境に負荷をかけない」とは、わたし達の「製造過程においても環境に負荷をかけないものの選択」という基本理念と合致したもので、単に自然素材を使う、道産材を使うというだけで満足するものではない。またIさんは札幌の家で長く使ってきた愛着のあるもの、あるいはまだ使用できるものを積極的に新居でも再利用している。照明器具や内部の建具、床下収納庫など。洗面台のタイルやダイニングのペンダント照明器具、和室の襖紙などは特に旅行等で直接目にしたものを、新築を機に採用したいという希望があり、随所に好みの要素がちりばめられている。

主な内装としては、ナラのフローリング、ホタテ貝の漆喰塗り壁、和紙貼りの天井。造作家具は主にナラ材を使用し、そのほか断熱材にはセルローズファイバーなどいつもの会社標準仕様の自然素材を採用している。和室は雪見障子を使用し、押入の脇には地袋もある本格的な仕様とした。浴室は床と浴槽のハーフユニットに壁面、天井にヒバの羽目板を採用。浴槽に浸かりながら窓を通して庭を楽しむことができる。玄関から続く土間収納は4畳以上ある大きな収納空間で、愛犬の散歩から戻って洗面所へ至る動線としての機能も果たしている。また屋外のアプローチを含めた庭のしつらえもしっかり計画され、植樹やテラスのつくりにも気が配られている。北海道の中でも温暖で静かな環境のなか、Iさんご夫婦は季節の移ろいを感じながらの生活を満喫されている。

前面道路から豊かな庭の間を通って玄関へ至る。
低層の切妻屋根が後方の高い切妻屋根と片流れ屋根に奥行を与えている。
低層の板張りと上部の聚楽風の塗装、軒の出による深い陰影が落ち着いた和風のたたずまいを醸し出している。
構造の梁が露出した1階の居間空間。
ナラ材のフローリングと同じくナラ材の造作家具と格子引き戸。
大きな木製サッシは方立なしの回転窓で、庭の風景を切り取っている。
自家発電のソーラーパネルが高い方の屋根一面に設置されている。
隣地境界の木塀越しに庭、テラスを見る。
屋外での活動の楽しさが感じられる。
居間・食堂空間。奥に台所、ユーティリティが続く。
手前のペンダント照明は元の家の再利用。
奥のダイニング用のペンダント照明のシェードはブナ材で作られた「ブナコランプ」。
居間・食堂空間。
右側に広縁と和室へ通ずる開口
人造大理石の天板、IHヒーター組み込みの造作流し台。
キャビネットとともにナラ材による造作。
本畳の8畳の和室。鴨居、雪見障子、地袋のある本格的和室のしつらえ。
天井は杉の羽目板張り。ペンダント照明は元の家の再利用。
明るい日差しが降り注ぐ広縁。
大開口の木製の掃き出し窓から射し込む陽が雪見障子越しに和室へ柔らかく注ぐ。
床は赤松の縁甲板、天井は和室と同じ杉板の羽目板張り。
格子の引き戸と窓から射し込む陽で明るい玄関。
土間収納への格子の開き戸は元の家のドアの再利用。
土間は江別レンガタイル仕上げ。
1階便所。コルクタイルの床、トドマツの腰羽目板、上部の壁は珪藻土塗り。
洗濯流しを併設した洗面台。
カウンター一体型の洗面ボウルはメーカー既製品。
ミラーのキャビネットと収納、棚はトドマツ材による造作。
洗面台壁面のタイルには、奥様が英国のアンティークを訪ねる旅で、ある工房で絵付けしてもらった思い出のタイルをアクセントとしてはめ込んだ。
浴槽と床、腰壁のハーフユニットに壁面と天井にヒバの羽目板を張った1.25坪の浴室。
浴槽に浸かりながら窓から庭を眺めることができる。
2階便所と隣接する洗面コーナー
2階洋室。ナラ材のフローリング、織物クロスの壁、和紙貼りの天井。
玄関前の外構。床材の変化や植栽が楽しく人を迎え入れる。